成約率を高める松竹梅の法則

成約率を高める松竹梅の法則 に関する記事です。
HOME > スポンサー広告 > title - 成約率を高める松竹梅の法則HOME > [ブログ記事作成]記事の書き方 > title - 成約率を高める松竹梅の法則
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もっといいアフィリエイトでおこづかいを稼ぐ情報を探しに行く?^^
に関連したブログ内の記事へ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スポンサー広告 | Page Top↑ Yahoo!ブックマークに登録 スポンサーサイトの記事をはてなブックマークに登録 この記事をライブドアクリップに登録 このエントリーを含むFC2ブックマーク

Q.アフィリエイトで、登録案件の成約率を高めるには?

A.登録して欲しい案件より、条件のよくないものを、同時に紹介すること。


こうする事で、登録して欲しい登録案件の登録率が高まるんだ。
商品販売(物販)も同様だよ。


例えば、欲しいゲームがあったとするね?

A社は送料が500円かかる。
B社は送料無料。
どっちも値段は同じ。

どうせ値段が同じなら、送料無料の方がいいよね?
つまりはそういうこと。


でもちょっと待って!
「送料無料の方がいい」と思ったのは、本当に自分で考えて導き出した結論かな?



とあるレストランで、Aコース1500円と、Bコース3000円のランチを出していたんだ。

お店側としては、Bコース3000円のランチを注文して欲しいのに、注文されるのはAコース1500円のランチばかり。

そこで、レストランのオーナーは、経営コンサルタントに相談したんだ。

経営コンサルタントのアドバイスは「新たにCコース5000円のランチを作りなさい。」というものだった。

半信半疑で、Cコース5000円のランチをメニューに載せたところ、驚く事にBコース3000円のランチが売れ始めたんだよ。

Cコース5000円という、高いメニューを同時に提示した事で、売りたいメニューに割安感が生まれたわけ。

これが有名な、松竹梅の法則なんです。


これにはもうひとつ秘密があるんだ。

ふつうアフィリエイトでは、記事内に「登録案件(商品)をひとつだけ」しか、紹介していないよね?

で、「これはオススメ!」と紹介しているケースが多い。
そしてその下に、登録案件(商品)バナーを貼っている。

これだと「誘導されている感覚」が強くて、お客さんが拒否反応を起こしてしまうんだよ。


そこでもうひとつ、条件のよくないモノを提示して、「誘導されている感」を薄める。

そうすると、「自発的意思で選んでいる感覚」になってもらいやすいわけ。

結果、成約率が上昇するという寸法。


この手法は、自動車メーカーがよく取り入れているね。

一部の人にしか売れない「最上級グレード車」を、なんで作っているかというと、それをカタログに載せる(お客さんに見せる)事で、そのワンランク下の車がよく売れるからなんだね。

実際どの車種でも、最上級グレードよりワンランク下の車が、よく売れているよ。

上手に取り入れて、報酬アップを目指してみてね。
スポンサーサイト
もっといいアフィリエイトでおこづかいを稼ぐ情報を探しに行く?^^
に関連したブログ内の記事へ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[ブログ記事作成]記事の書き方 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑ Yahoo!ブックマークに登録 成約率を高める松竹梅の法則の記事をはてなブックマークに登録 この記事をライブドアクリップに登録 このエントリーを含むFC2ブックマーク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://affiliateland.blog52.fc2.com/tb.php/44-9e33f4c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:アフィリエイト SEO対策:副業 SEO対策:在宅ワーク
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。